DSC_3582.JPG

​歩

 竹細工は昔は誰もが作れる日常実用品でした。

​今では高価な工芸品ではないでしょうか?

確かな技術で、最先端の新しいものも魅力的です。

一方で、昔ながらの本当にいいものも魅力にあふれています。

使い捨てではなく、品質に満足して愛着を持って使いたくなる実用品を

求めている、​“本物志向”のあなたへ!

竹星では『使う人を想う』というこだわりを持って、ものづくりを

しています。

商品の細かい部分にまで、こうしたらあの人にはどうかな?こうは?

と、使い手の立場になって考えることで商品に想いが宿ります。

商品を作ることと共に、それぞれの師匠から受け継がれてきた

技術、知恵、想い…

技術継承、手作業のこだわり、作り手の想いが詰まった情、風情、志

​薄れつつある、大切なものを共に受け継ぎ、伝えていきたいと日々

精進し続けます。

                                            

                                              竹星 石山好美 

★プロフィール★

​ 竹工芸を学ぶため京都伝統工芸専門学校に入学。

 卒業後、腕を磨きたく京都の竹屋 長岡銘竹 へ7年勤務。

  竹工芸技能士 取得

 地元千葉へ帰郷後は国で伝統的工芸品認定されている

 房州うちわの技術を習得すため伝統工芸士であり、

 房州うちわ職人の第一人者 故・宇山正男へ師事

 現在木更津で 竹工房 竹星として活動している。